【LINE】本当は教えたくない、可愛くてオシャレなデコ絵文字まとめ!

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめ|「かぼちゃ」の由来はカンボジア?!驚きのネタづくし!

どうも!チビ(@Excelll_info)です。秋の季節にぴったりな雑学を用意しました!こういう雑学って意外と勉強になることが多いんですよね…。「よく考えたらそうか。」なんてこともそれなりにあったり。学生さんは日々のおしゃべりのネタに!会社員さんは朝礼やスピーチネタとしていかがでしょうか?(*^_^*)

検索ワード:「雑学 豆 知識 天気」「秋 季節」「秋 の 季語 の スポーツ は 何」「天気 豆 知識」「季節 の 豆 知識」「健康 豆 知識 春」

秋の豆知識:実は栗は美容に良い!

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめ

栗には、ビタミンC・B1・B2・食物繊維・葉酸など様々な栄養素が含まれており、かなり美容効果が期待ます。例えば…
●美肌効果が期待できる
栗に含まれる様々な栄養素がお肌の健康をサポートしてくれます。特にビタミンB1・B2はニキビや肌荒れに効果的で、女性には嬉しい成分が入っています。
●冷え性の改善が期待できる
栗は体を温めると共に胃腸や腎を強くする、滋養強壮の食べ物として知られています。
●便秘改善が期待できる
食物繊維は便秘改善に働きます。また、糖質をエネルギーに変える働きがあるので、ダイエット中に淡水化物を多く摂取してしまった時は、是非栗を食べてみてください。

秋の豆知識:ハロウィンの由来

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめ古代ケルト人が起源のお祭り。日本のお盆のように「亡くなった人の魂が家族を訪ねてくる」と言われているのと同じで、ハロウィンの場合は「悪魔や精霊、魔女も一緒に来る」というもの。それらから身を守るために仮面を被り、魔よけために焚火を囲んでいました。ハロウィンの翌日の11月1日である「ハロウマス」と、前日の「イヴ」から、「ハロウィン」と呼ばれる様になりました。

秋の豆知識:イチョウは「生きた化石」

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめイチョウは太古の地質時代から生きている化石植物のひとつ。イチョウの起源は恐竜のいた時代よりももっとずっと前で、約2億年前には世界的にたくさんの種類が分布していたと考えられています。しかしその後の様々な気候変動を経て、現在確認できる原種は中国で野生に生育する1種類のみ。それが古くに(鎌倉時代からそれ以前ともいわれ、諸説ある)日本に伝来し、日本各地に広まっていったそう。
イチョウは、日本の野山には生育していませんが、古くから日本人に愛され、人の手によってこれだけたくさん植えられてきた樹木なのです。恐竜のいた時代よりも更に昔から生息しているとは…なんとも感慨深いですね。

シイタケやマツタケは日本でしか食べられない

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめ日本の秋の味覚と言えば…「椎茸」や「松茸」が代表的な食材のひとつ。日本では高級な食材とされていて、香り・食感・味を様々な形で魅了してくれる素晴らしいキノコです。でもそんな椎茸と松茸…実は日本以外の国ではめちゃくちゃ嫌われています。理由は「靴を履き続けたニオイだから。」「しばらく風呂に入っていないひとの匂いだから。」など…。かなりくさそうなイメージがついているようです。様々な調理方法でお料理され、椎茸や松茸を美味しく食せるのは日本だけなのです。
スポンサーリンク

  

秋の豆知識:「食欲の秋」の由来は、食欲が増えるから

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめ「秋は美味しい食べ物が多いので食欲の秋ですね!」…なんて言っている人は間違いです!
寒い冬になる前に人間は体温・体力を保つために、冬の準備として秋の段階から食欲が増します。人間や動物の本能なんです。暑い夏でバテた体の不調を戻すために、涼しくなった秋には自然と食欲が増すようになっています。「冬は太る」というのも、冬は動かないからではなく、秋に食べた分が脂肪となり、ふっくらとしてしまうのが原因です。

秋の豆知識:海外では入学シーズン

アメリカ・カナダ・ヨーロッパなど海外の国では9月が入学シーズン。日本は4月なので、5ヶ月ずれています。実は世界で主流な入学シーズンは9月。4月が入学式というのは実は世界でも珍しいのです。それではなぜ日本の入学シーズンは4月なのでしょうか?
…遡ること江戸時代。子どもたちの学びの場所となっていた寺子屋、藩校、私塾、などは、入学時期はとくに決まっておらず、いつでも入学できました。その後、日本に西洋化をもたらした明治維新によって、明治時代のはじめころから、西洋にならって9月入学が主流に。さらに西洋に追いつけ追いこせと、国の経済力や軍事力を高めようとする富国強兵政策の影響から、政府の会計年度が4~3月になったことや、軍隊の入隊届開始が4月になったことによって、小学校や師範学校の入学時期も4月へと変わっていくことになったのです。大正時代に入ると、政府の方針により高校や大学も4月入学になり、やがて4月入学が定着したというのが、そもそもの流れなんだとか。
結論を言うと、教育になんらかの関係があるというよりは、国の事情によって4月になったようですね。お、おう…。

秋の豆知識:「もみじ」「かえで」の違いは葉っぱの形!

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめもみじ」は葉の切れ込みが5~6個で、6~7枚に分かれている。「」は葉の切れ込みが浅く、9~11枚に分かれている。

ですが、実は根本的には同じ植物。そもそもこの2つを区別しているのは日本だけ。英語ではどちらも「Maple(メープル)」と表現されています。(最近ではもみじのことを「Japanese Maple」と区別することもあります。)また、もみじは「もみづ」という単語が元になっています。平安時代に染料として、植物から出る色素を使って染め物をすることを「揉み出づ(もみいづ)」と言っていました。衣服が鮮やかな赤に染まるように草木が色づく様子にも使われていくようになりました。「もみいず」という動詞が、「もみち」という名詞に変わり、最終的には「もみじ」と変化しました。一方「かえで」というと、葉っぱの形が蛙の手のように開いていることから「かえるで」→「かえで」となったと言われています。「紅葉」と「楓」に定義上の明確な違いはありませんが、昔から日本では葉っぱの切れ込みの数で区別されていました

秋の豆知識:「紅葉」と「黄葉」を使い分けよう!

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめもみじがこれから色付き始め、多くの人が「紅葉」というワードを使っていますが、間違ったワードを使わないように注意しましょう。
葉たちが赤く色づいている場合は「紅葉」で問題ないですが、黄色く色づいている場合は「黄葉」と言います。黄色く染まっているのに「紅葉が綺麗だね。」は間違った言葉づかいです。「黄葉が綺麗だね。(ドヤァ)」でOKです。「なにそれ?」と聞き返される可能性が高いですが。その時は再びドヤ顔でご説明して差し上げましょう。

秋の豆知識:「竜田揚げ」は秋と深い関係がある

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめ鶏肉や鯖、鯨などの材料を味醂醤油や酒醤油に漬け込んで、片栗粉や葛粉などをまぶして油で揚げた料理を竜田(龍田)揚げといいます。
その「竜田」とは奈良県の竜田川のことで、紅葉の名所とされている場所。油の中で材料が赤く色変わりする様子が、竜田川の水の中の紅葉を連想されるため、「竜田揚げ」という名前になったそうです。
スポンサーリンク

  

秋の豆知識:秋は抜け毛が増える

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめ秋は髪にとって深刻な季節。夏の間に蓄積したダメージが一気に押し寄せ、抜け毛が増えたり髪がゴワついたりと様々な悩みが表面化します。春・夏・冬の3倍くらいの抜け毛量になる人も。なぜ抜け毛が多くなるのかというと…原因は2つ。

①冷房の効いた部屋で過ごしているから。
冷房がずっと効いている部屋で過ごしていた人は、自律神経が乱れ血流が悪くなります。自律神経が正常に動かなくなると、血流が悪くなり、頭皮に行きわたらなくなります。すると、頭皮自体が硬くなり、髪に十分な栄養が行き渡らず、徐々に抜け毛の準備が始まっていることになります。

②入浴する際、暑いからといってシャワーで済ませるから。
湯船に浸からずシャワーばかりを浴びていると、血流が悪くなるといわれています。シャワーだけでさっと済ませると、頭皮の皮脂をきちんと落とせていない可能性もあります。この皮脂が詰まった状態が、抜け毛の原因となるのです。また、汗をかいたり、頭皮の臭いが気になるため、いつも以上に入念にシャンプーしたり、1日に数回洗髪する人もいますね。これは逆に必要な皮脂まで落としていることになり、皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。要は、暑い時期でも湯舟に浸かって自律神経の乱れを整えたり、普段通り1日1回丁寧にシャンプーするだけで改善される問題です。お風呂に入ると 副交感神経が優位な状態に持って行くことができ、リラックス効果に より血流も良くなります。頭皮を指で強く押してみて、痛みを感じる人は血行不良を起こしているため、要注意です。

秋に抜け毛が増えるのは、季節の変わり目ということや、紫外線ダメージだけでなく、夏場の生活習慣の現れともいえます。健やかな毎日を送るために、日々の体調管理には気を付けましょう!

ちなみに…
「シャカシャカ洗い」では頭皮の汚れは落ちない!
「シャンプーするときは、頭皮に指の腹を当ててシャカシャカと洗う」というのは間違い。恐ろしいことに、この洗い方では毛穴に詰まった汚れまでは落としきれていません。正しい洗い方は次のとおり。
1.シャンプーをたっぷり泡立てる。
2.シャンプーを頭皮の隅々まで行き渡らせる。
3.毛穴に詰まった汚れを泡に溶かし込むようにイメージしながら、指の腹で毛穴に詰まった汚れを浮かせるようにもみ洗いする。

秋の豆知識:月の模様は国によって様々

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめ秋と言えばお月見や月見酒など、「」というワードが増える時期。
そんな月は、小さいころから「ウサギが餅つきをしている」と育てられた方も多いのでは?「月」イコール「ウサギの餅つき」というのは、日本では当然のような結びつき。ですが、世界共通ではないようです。各国では次に記す一覧のように見られています。

中国:薬草を挽くウサギ、桂の木とウサギ、天女、ヒキガエルの頭と前足
インドネシア:編み物をする女性
ベトナム:大木の下で休む男性
カンボジア:菩提樹の木の下に座る杖を持ったお爺さん
ラオス:足で米をつくお婆さん
モンゴル:犬 (嘘をつくとその犬が吠える。)
インド、南アメリカ:ワニ
中東:吠えているライオン、ライオンの尻尾
北欧:椅子に座って読書をする横向きのお婆さん
東欧:髪の長い女性の横顔
南欧:片腕のカニ
オーストリア:男性の顔 ( 月にはその男性が住んでいて、明かりを点けたり消したりしている。)
ドイツ:薪を担ぐ男性
オランダ:悪行をはたらいた罰として月に幽閉されている男性
カナダ:バケツを運ぼうとしている少女
アメリカ:人の横顔、トカゲ、ワニ
南米:ロバ

国によってバラバラですが、どこの国も何かに例える風習があるのですね…!

秋の豆知識:鈴虫の鳴き声は電話の向こう側では聞こえない

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめ秋になると涼しげな鳴き声で癒してくれる(?)スズムシ。たまに「うるさい」と感じてしまうほど大きい鳴き声のスズムシもいます。そんなスズムシ…。実は電話の向こう側では聞こえないのです。
一般の電話・携帯電話・国際電話などすべての電話が通す音の周波数の範囲は300~3400ヘルツ。スズムシの鳴き声は4000Hzなので、電話で使用している周波数よりはるかに高いため、聞こえないのです。スズムシの他にも、コオロギの鳴き声の周波数は5000Hz以上、キリギリスの鳴き声は9500Hz以上なので電話では聞こえない。さらにセミの鳴き声・風鈴の音・イルカの鳴き声なども電話では聞こえません

日常よく聞く夏・秋の音が、日常よく使う電話で通じないとは…不思議ですね!

秋の豆知識:銀杏の食べ過ぎには注意!

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめ秋の味覚、銀杏(ぎんなん)。くさいので苦手な方も多くいらっしゃるかと思いますが…好む人はとことん大好きですよね。なんせ酒のアテにちょーどいい。(笑)
でも銀杏の食べすぎには注意。銀杏にはアルカロイドという成分があるため、一度にたくさん食べると、嘔吐・消化不良・呼吸困難などの中毒症状をおこす可能性があります。大人であればMAX10粒程度、子どもだとMAX5粒くらいで満足してください。
スポンサーリンク

  

秋の豆知識:大阪にあるイチョウ並木は全てオスの木!

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめ大阪の御堂筋(国道25号線)では、約4kmにわたって、道路脇にイチョウの木が植えられています。これがまた秋になると綺麗で…。旅行などで大阪に行く際はぜひご覧になってみてください。…と、それが言いたいんじゃなくてですね。御堂筋に植えられているイチョウの木は全てオスの木です。はい、まずイチョウにはオス・メスあります。で、なんでオスの木しか植えられてないの?…それは、大きく2点の理由があります。
①オスの木だと銀杏が実らないから。
②倒木の恐れが少ないから。
そりゃ、イチョウ通りが銀杏のせいで臭くてたまらなかったら、綺麗とも思えませんからね…!。

秋の豆知識:栗は、果物?野菜?木の実?

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめ栗は「甘いから果物だ!」と思いがちですが、そんなに単純ではありません。
栗は分類上、「種実類」に含まれます。「種実類」は、アーモンドやココナッツ、クルミなどが「種実類」に含まれます。ということは…「木の実」?!と思った方、そんなに単純でもありません。え?じゃあ野菜なの?と思った方・・・違います! (野菜は一般的には地面に育つものを指すことが多いですね。)栗は「果物」なのか「野菜」なのか「木の実」なのか…実は明確には決まっていません。

…何だこのオチは。

秋の豆知識:ケーキ「モンブラン」と栗は一切関係ナシ

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめ甘くて美味しい栗で作られた「モンブラン」。
これはフランスとイタリアの国境にある山「モンブラン」が由来です。あの山のように気高く立派なケーキを…!と考えはじめたのがきっかけ。モンブランはフランス語で「MontBlanc」と表記されます。「Mont」が山、「Blanc」が白いという意味。直訳して「白い山」という意味。栗関係ねえええええええええ!!!なんでそんな立派な山を、栗で作ったのでしょうか。私はそこに疑問を抱きます。どうせなら白い何かで作ればいいのに…ね。

秋の豆知識:「栗」の英語は「マロン」ではない!

栗を英語で言うと?!?!
と、人に問いかけると「マロン」と答える方が多いのでしょうか?(にやり。)実は「マロン」はフランス語なんです。英語では「チェスナッツ(chestnut)」と言います。これから秋の季節になり、そんな問題を出題されたらドヤ顔で答えてやりましょう。

秋の豆知識:食中毒は秋が一番多い

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめ食中毒がいちばん多く発生するのは、春・夏・秋・冬のうち、どの季節でしょう?と問われれば、多くの方が「夏」と答えるはずです。気温が高ければ、それだけ食べ物が腐りやすくなるので当たり前のような気もしますが…

正解は秋です
食中毒の主原因はサルモネラ菌と腸炎ビブリオ菌。これらの菌は、気温25度以上になると一気に増殖します。こういうと、やっぱり夏が危険という感じですが、夏の間は誰でも食品の管理には気を使っています。ところが秋になり涼しくなると気が緩むのか、危ない食品を平気で口にしてしまい、その結果食中毒になる人が増えるのです。(秋は夏バテして体の抵抗力が落ちているということもあります。)

秋の豆知識:「お彼岸」ってそもそも何?

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめ「春分の日」と「秋分の日」を「彼岸の中日」といい、この日をはさんで前後3日間ずつの計7日間が「お彼岸(彼岸会)」と言われており、お墓参りをする方が非常に多くなります。なぜ「お彼岸」にお墓参りをするのかというと、そこには日本古来の自然信仰とも深く結びついているのです。
そもそも「彼岸」は向こう岸のこと。仏教の世界でいうところの「あの世」のことを意味していて、「あの世」=「極楽浄土」は、日の沈む西のかなたにあるとされています。また、「この世」は煩悩が渦巻く四苦八苦の世界で、「あの世」はそうした苦悩とは無縁の世界です。そして、「彼岸の中日」である「春分の日」と「秋分の日」は年に2回、太陽が真東から昇って真西に沈む日になります。「彼岸の中日」は「あの世」と「この世」が一番近づくとされており、西方を礼拝し、はるかかなたにある極楽浄土のご先祖をしのぶのにふさわしい日というわけです。また、日々の悩みや苦しみに埋没してしまわないように、極楽浄土に思いを馳せ、先祖から脈々と続く命の尊さを再認識するための半年に一度のいい機会なのです。古来より仏教では「お彼岸」に法要を行う習わしがありましたが、「お彼岸」の「お墓参り」は日本で独自に風習化されたものです。

「お彼岸」の時期は「お墓参り」でお墓に向かいご先祖を供養し、故人を偲び、自分もやがてはご先祖のいる「彼岸」へ行けるように祈る風習が続いているわけです。

秋の豆知識:かぼちゃの由来は「カンボジア」

【厳選20選】これは初耳!秋の雑学・豆知識・トリビアまとめかぼちゃの名前の由来は、東南アジアの国名「カンボジア」から。…嘘だろオイ。(苦笑)

「かぼちゃ」は天正年間にポルトガルから伝わりましたが、ポルトガル語でカンボジアを表す「Camboja」が転訛したというのが定説です。ちなみに我々日本人は英語でなら「pumpkin(パンプキン)」といってしまいますが、パンプキンは特に果皮がオレンジ色の品種を示すそうで、その他の品種は「squash(スクウォッシュ)」と呼ばれるそうです。日本のかぼちゃと言えば果皮は緑色なので、パンプキンではなくほとんどスクウォッシュとなります。

▼それでも解決しない場合は…