【LINE】本当は教えたくない、可愛くてオシャレなデコ絵文字まとめ!

【Thunderbird】これは使える!ショートカットキー15選|一括で開封・既読する方法など徹底解説!

【Thunderbird】これは使える!ショートカットキー15選|一括で開封・既読する方法など徹底解説!

どうも!チビ(@Excelll_info)です。メールソフト「Thunderbird(サンダーバード)」で、役立つショートカットキーをご紹介します。マウスでの操作ではなくショートカットキーを使って操作をすることで、業務効率化に繋げることができます。メールマガジンやなどの不要なメールも開封・既読処理も簡単に一括処理ができるので、ぜひご参考ください☆
検索ワード:thunderbird ショートカット作成」「thunderbird ショートカット 効かない」「thunderbird ショートカット 添付」「thunderbird ショートカットキー 変更」「サンダーバード ショートカット 無効」「thunderbird keyconfig」「thunderbird 注目スレッド」「thunderbird スレッド 折りたたみ」「サンダーバード ショートカット ファイル 添付」「thunderbird アーカイブ ショートカット 無効」

メールを一括で開封・既読にする方法

[Shift]キー+[C]キー同時押し。
Thunderbirdのフォルダ内にあるメールを一括で開封・既読処理をすることができます。メールマガジンや迷惑メールがたまっていたりすると、未読が太字で目立って気持ち悪い!!という方にはオススメ。本来は一括で開封するべきではないですが、メールマガジンなどの不要なメールであればぜひ活用したいですね。私が最も使用しているショートカットキーで、かなり愛用しています。
スポンサーリンク

  

開いているメールの返信をするショートカットキー

[Ctrl]キー+[R]キー同時押し。
通常、メールを返信する場合は、「返信」ボタンをマウスで押さなければなりませんが、[Ctrl]キーと[R]キーの同時押しでも同じ処理を行うことができます。「返信=Reply」の「R」と覚えると良いですね◎「全員に返信」操作を行うのであれば、[Ctrl]キー+[Shift]キー+[R]キー同時押しでOK。マウスで操作すればいいじゃん!と思う方もいらっしゃるかと思いますが、一度覚えてしますとかなり楽です。[Ctrl]キーと[R]キーは近い場所にあるので結構押しやすいんですよね…!

新着メッセージを確認・強制受信をする方法

[F5]キーを押す。
基本的に[F5]キーは”更新”を行うキーです。Thunderbirdでも更新(=受信)を行うことができます。あえて手動受信をしている方はこの作業を知っている事で非常に楽になるかと思います♪自動受信を設定されている方でも、たまに受信ができていない時があります。そんなときは[F5]キーを押して強制受信をすることができます。

下書き保存&上書き保存をする方法

[Ctrl]キー+[S]キー同時押し。
新規メッセ―ジを作成中、[Ctrl]キーと[S]キーを同時に押すことで上書き保存をすることができます。(ExcelやWordと同じように上書き保存をすることができます。)まだ保存をしたことが無い場合は下書き保存として新しく保存されます。マウスであれば、[ファイル]を選択してから[上書き保存]をクリックしなければならないので、このショートカットキーを使用すればかなり作業時間が短縮されます。

Thunderbird内にある全てのメールから検索する方法

[Ctrl]キー+[K]キー同時押し。
Thunderbird画面右上に検索窓が出現します。この検索窓の中に、検索したい文言やアドレスを入力すればすぐに結果が表示されます。「メールの存在は分かっているけど、どこのフォルダにあるのか分からない!!」なんて場合は使用すると楽ちんです。

特定のフォルダ内にあるメールを検索する方法

[Ctrl]キー+[Shift]キー+[K]キー同時押し。
操作方法としては検索したいメールが入っているフォルダを選択し、そのあとに[Ctrl]キー・[shift]キー・[K]キーを同時押しします。すると画面右上に検索窓が出現します。「このフォルダーのメッセージを絞り込む」という文言が書いてある窓ですね。件名や本文、差出人の名前など何でも入力してOKです。Thunderbird全体を検索するよりかなり早く検索結果が分かります。

メッセージ内の文言を検索する

[F3]キーを押す。
(もしくは[Ctrl]キー+[F]キー同時でもOKですが、明らかに[F3]キー押下の方が早くて確実です。)
サッと一押しなので超簡単☆[F3]キーを押すと画面左下に「ページ内検索」の小窓が出現します。かなり分かりづらい…(笑)メール本文の中にある文言を検索することができます。検索結果は強調表示(検索ワードの背景色が変わる)されるのですぐに結果を知ることが出来ます。また、検索窓の右側には検索条件が表示されており、デフォルトでは「すべて強調表示」「大文字/小文字を区別」「完全一致」がOFFの状態となっています。ONにするためにはその項目を押せばOKです。
スポンサーリンク

  

アドレス帳を開く方法

[Ctrl]キー+[Shift]キー+[B]キー同時押し。
一発でアドレス帳を開くことができます。マウスでアドレス帳を開くのとそんなに時間は変わらないかも?(笑)片手だけで押せるショートカットキーなので、私は結構活用しています。

新しいメッセージを作成するショートカットキー

[Ctrl]キー+[N]キー同時押し。
ExcelやWordと同じで、Thunderbirdでも新規作成できるショートカットキーです。「N」は「NEW」の頭文字と覚えるといいですね。Thunderbirdさえ起動していれば、どの画面上でも新規作成することができます。

ファイルを添付するショートカットキー

[Ctrl]キー+[Shift]キー+[A]キー同時押し。
ExcelやWord、PDFファイルなどを添付するときは上記ボタンで手早くファイル選択画面を表示させることができます。ちょっと押しづらいけど…!(笑)でもでも、メッセージ作成をしていて本文をキーボードで売っている最終だったらわざわざマウスに持ち変えるより、ショートカットキーを使った方が断然ラクです。

メッセージ内のスペルチェックを行う方法

[Ctlr]キー+[Shift]キー+[P]キー同時押し。
結構使えます。スペルチェック。間違えて入力してしまった「appale」(←りんごのつもりで入力)でも、上記のショートカットキーを押すことで、「appleでは?」と、置き換える単語を教えてくれます。修正したい場合は「置き換える」を押す。特に問題ない場合は「無視」を押す。メールを打ち終わって送信する前にスペルチェックを行う習慣をつけたいけど、面倒で…と言う方にはこのショートカットキーを使えば楽勝ですね♪

▼それでも解決しない場合は…