【LINE】本当は教えたくない、可愛くてオシャレなデコ絵文字まとめ!

【Excel2016】MOSエキスパート合格まで勉強方法と試験概要|上級試験の内容や受講料、スペシャリストの違いなど徹底解説

どうも!チビ(@Excelll_info)です。MOSのエキスパートレベル(エクセル版)の試験概要についてのまとめ記事です。この試験は、スペシャリストレベルの資格を持っている人であれば独学で取得できると私は思っています。勉強方法や内容、合格率などみなさんが気になる情報を解説しますすm(__)m

MOSエキスパートレベル(Excel)試験概要

まず大前提として、MOSとは、マイクロソフトオフィススペシャリストの略です。エクセルやワードなどのマイクロソフトオフィス製品の操作スキルを証明する資格で、エキスパートレベルは、上級試験となります。スペシャリストでは手応えがなかった方や、さらにスキルアップを目指したい方のための試験です。

名称 MicrosoftOfficeSpecialist
レベル エキスパートレベル
種類 Excel(エクセル)
バージョン 2016
受験料 一般だと12,744円(税込)
学生だと10,584円(税込)(※1
試験方式 全国一斉試験もしくは随時試験(※2)
受験資格 年齢・国籍問わず誰でも受験可。
問題数 約20問~45問
合格点 1000点満点で550点~850点の範囲。
8割は最低でも正解した方が無難です。
出題形式 コンピュータを使った実技試験(=CBT試験)
試験時間 50分間

その他、日本語入力システムはMicrosoft IME、キーボードは106 / 109(JIS配列)、モニターサイズは17インチ以上、モニター解像度は1280×1024以上、マウスは光学式 2 ボタン以上となります。

※1…学割についての詳細は公式サイトをご確認ください。
※2…全国各地の試験会場で試験を申し込むことが出来ます。日程や時間をかなり自由に選択できるので、ほぼ「いつでも」試験が受けられる状態と言っても過言ではありません。

 

試験画面の構成

【Excel2016】MOSエキスパート合格まで勉強方法と試験概要|上級試験の内容や受講料、スペシャリストの違いなど徹底解説
① アプリケーションウィンドウ
実際のエクセルファイル起動しています。②に表示されている問題を解きます。

② インストラクションウィンドウ
ここに問題が表示されます。「プロジェクトの背景」タブには、ファイルに関する簡単な説明が表示されます。それぞれの「タスク」タブには、操作の指示が記載されます。これらのタブを切り替えながら、解答操作を行います。

POINT!

試験時間も表示されているので、初めてだと結構パニックになるかもしれません。参考書を購入すると実際の試験に近いような練習問題のCDが付いていると思います。そのCDでどんな感じかある程度把握しておいた方がGood。

 

試験の難易度・範囲は?

VBA、ピボットテーブル、グラフの分析…ぜんっぜん知らなくても大丈夫!むしろ変に頭に知識が入っている状態より、真っ白な状態から知識を詰め込んだ方がよっぽど効率が良いです。もし分からないとしても心配無用。そこまで難しくない!(学び方さえ悪くなければ…。)

ブックのオプションと設定の管理
  • ブックを管理する
  • ブックの校閲を管理する
ユーザー定義のデータ表示形式やレイアウトの適用
  • ユーザー定義の表示形式と入力規則をデータに適用する
  • 詳細な条件付き書式やフィルターを適用する
  • ユーザー設定のブックの要素を作成する、変更する
  • ほかの言語に対応したブックを準備する
高度な機能を使用した数式の作成
  • 数式に関数を適用する
  • 関数を使用してデータを検索する
  • 高度な日付と時刻の関数を適用する
  • データ分析、ビジネス分析を行う
  • 数式のトラブルシューティングを行う
  • 名前付き範囲とオブジェクトを定義する
高度な機能を使用したグラフやテーブルの作成
  • 高度な機能を使用したグラフを作成する
  • ピボットテーブルを作成する、管理する
  • ピボットグラフを作成する、管理する

 

受験申込から合格までの流れ

試験の申込をする

MOS公式サイトにて受験の申込みが可能です。随時試験の方がカンタンだし試験日とか会場を選べるので、絶対こっちの方がいいと思います!!
随時試験申込http://mos.odyssey-com.co.jp/exam/

随時試験の場合は、試験会場へ直接申し込みをします。Office2016を選択し、会場を調べ、申込をします。申込みのタイミングとしては、模擬試験で8割以上正解ができてからがベストかと。試験は多くの会場で多くの時間で、受験できるので、焦らずまずは土台固めから始めましょう!

 

受験者IDの登録(無料)をする

受験者ID登録http://www.odyssey-com.co.jp/id/

すでにIDを登録している場合は再登録不要。試験の際にIDが必要となりますので、以前登録していてもIDを忘れた場合は「受験者IDやパスワードをお忘れの方」から進んでいきましょう。

 

MOS Excelエキスパートレベルに受験する

申込んだ日時に会場へ行き、試験を受けます。できれば時間に余裕をもって、万全な状態で合格してやりましょう!道に迷ったり、忘れものしちゃだめですからね…って、それ私か。

 

試験結果発表

合否判定は試験が終了した直後に分かります。これはスペシャリストもエキスパートも同じですね。この瞬間が一番ドキドキするんですよね~\(゜ロ\)(/ロ゜)/落ちても合格してもけっこうアッサリ。なイメージが…。

 

合格認定証が送られてくる

無事合格できたら、4~6週間後に合格認定証が家に届きます。合格を噛みしめてください。これまでの苦労がやっとカタチになりました!おめでとう!
認定証が届かない場合は問い合わせましょう。
問い合わせ先http://mos.odyssey-com.co.jp/ask/

独学で絶対受かる!

MOSのエキスパートについて、私は独学で絶対受かると考えています!

そりゃもちろん知識やスキルレベルは人それぞれ。ですが、範囲やポイントをしっかり抑えれば合格圏内にすぐ到達できるはず。スペシャリストに落ちてしまったり、めちゃくちゃ苦手な人でも半年ほど毎日1時間勉強すれば合格できると思います。

ま、ここで私がペチャクチャ話したところで…って感じなので、本屋さんなどでFOM出版の参考書を読んでみてください。めっちゃ分かりやすいです。これ一冊でなんなら合格できます。模擬試験のCDも付いてるし。受験料は1万円超えで、決して安くはないですが、何でも挑戦しやすい試験です。1回ダメ元で受けてみて、ある程度のイメージがつかめたら2回目にチャレンジ!というのもいいかもしれません。

わざわざクッソ高いスクールに行かなくていいです。そのスクールに払うお金があれば、いろんな種類の参考書を購入してみてください。絶対そっちの方がいい!

 

合格率は?

60%。・・・と言っても、実際には公開されていません。ただ、ネットでは大体60%くらい…と言われています。受験するチャンスが多いので、その分受かる人が多いとも言われています。大体8割方正解して合格なので、ほとんど理解できていないと合格は難しいですね。

 

オススメのテキスト、参考本

MOS Excel expert2016 おすすめ参考書
FOM出版の「Microsoft Excel 2016 Expert 対策テキスト&問題集」がオススメ。ってかもうこれ買って~!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

丁寧にポイントが書かれていて、図での解説も多いので初心者さんでもかなり重宝します。また、自動採点付き模擬試験のCD-ROMもついているので、一通り読んでから模擬試験に挑戦もすぐできます。

 

資格取得で得るメリットがかなり多い

世界共通の国際資格!

世界的に行われている試験資格。世界共通の「合格認定証」や「デジタル認定証」なので、認定されたスキルは世界で適用します。いきなりグローバルな感じ!(笑)

 

パソコンスキルを客観的に証明できる

エクセルが使える」「ワードが使える」などといった目に見えないスキルを客観的に証明することができます。資格はMicrosoftOfficeのバージョンごとに取得することが可能。

 

対策学習のつもりがそのまま実力に繋がる

実際にエクセルソフトをPCで操作する実技試験なので、資格取得だけではなく対策学習によって自然と実力に繋がってきます。

 

業務・作業効率が大幅にアップする

さまざまな機能を効果的に使いこなすスキルが身に付くので、職場でのパソコンを使った業務や作業の効率化を図ることが出来ます。

 

就職・転職時に履歴書に書いてアピールできる

社会人にとってできればあった方が良い資格。就職・転職時をはじめ、社内でのパソコンスキルのアピールに効果的です。また、多数の企業で社員教育として導入されています。

 

合否結果がすぐ分かるので、急ぎでも大丈夫

合否の結果は、受験後すぐに判定されます。合格したその日から履歴書に記載することができます。就職・転職活動にスピーディに活かすことができますね!

 

独学で合格までの勉強方法

関数やグラフなどの細かい解説は別記事にて解説予定です。記事ができあがり次第リンクを貼りますのでもう暫くお待ちくださいm(__)m

 

①参考書を1冊サラッとやる

まずは参考書を購入し、参考書通りにエクセルの操作をしましょう。この時点で分からくても大丈夫。つまづくたびに調べたりしていると全く進みません。まずはサラ~っと章単位でもいいのでやってみてください。それを3セット。3セットやっても分からない時は調べましょう。Excelについて周りに詳しい人がいるなら相談するも良し、Excelの解説サイト見るも良し、です。時間をかけてでもいいのできちんと納得できるように理解しましょう。

 

②模擬試験に挑戦してみる

なるべく早い段階でやるべき。理由としては、試験の大体のイメージが湧くことと、自分の分からないところがハッキリするので。結果がボロボロでもモーマンタイ。落ち込まないでくださいね。せっかく参考書買ったんだから・・・(そこ?)

模擬試験終了後に正解率や苦手分野のアドバイスが出てくると思うので、印刷かメモしておいてください。独学終盤になってから、集中的に苦手分野を復習していきましょう。

 

③参考書1冊やっても不安だったら別の参考書を購入

なんせExcelなので、奥がかなり深いです。参考書1冊でも手応えがないと感じるときは、2冊目の参考書を購入しましょう。ただ、同じような参考書を買うよりも、練習問題とか過去問がまとめられているような本のほうが良いかと思います。もう1冊購入するときのオススメの参考書はコチラ。

MOS攻略問題集Excel 2016エキスパート

概要

MOS試験の出題範囲を完全に網羅しており、練習問題を解きながらMOS試験の合格に必要なスキルを確実に身に付けることができます
難易度の高い問題も本誌解説や模擬テストできっちりカバー。どんな問題が出てきても、しっかり得点を稼ぐ対策がこの1冊でできます。

MOS 2016は、MOS 2010ともMOS 2013とも異なる「マルチプロジェクト」と呼ぶ試験形式です。新形式の試験に合格できるスキルを身に付けるため、「本誌解説」「模擬練習問題」「模擬テストプログラム」の3つの教材で学習をすることができます。
模擬練習問題、模擬テストプログラム(5回分)がついてきます。

MOSエキスパートExcelの受験層と地域

【Excel2016】MOSエキスパート合格まで勉強方法と試験概要|上級試験の内容や受講料、スペシャリストの違いなど徹底解説
受験地域では関東がぶっちぎりで約5割。人口も試験会場も多いというのがデータを見る限り分かります。近畿や九州が案外少ない数値だなぁ~と思ったり。

年代別でみると、39歳以下の方たちの受験が約6割を占めています。就職・転職で活用できるというのが大きな理由なのでしょう。

このデータだけを見ると、就職活動を有利にするためにMOSを取得するという傾向が分かります。そうと決まればさあ!勉強ですぞ!

 

許可されている持ち物

試験で持ちこみが可能な物は次の通り。逆に言えば、下記の持ち物以外は全て持込み不可。試験会場外にあるロッカーなどに収納するよう言われます。

必要な持ち物

【Excel2016】MOSエキスパート合格まで勉強方法と試験概要|上級試験の内容や受講料、スペシャリストの違いなど徹底解説
有効期限内である「運転免許証」「パスポート」「住民基本台帳カード」「個人番号カード」「社員証」「学生証」のいずれか1点を。身分証明書はすべて原本の提示が必要です。

 

持込み禁止物

【Excel2016】MOSエキスパート合格まで勉強方法と試験概要|上級試験の内容や受講料、スペシャリストの違いなど徹底解説
携帯電話(スマホ)などの外部と通信できる端末や、メモ用紙、筆記用具、カメラなど試験内容を記録できるもの、問題集、飲食物は持ち込み禁止。逆に言えば、必要な持ち物以外は中に持って入っちゃだめなのです。

 

AppleWatchはダメですよ…

いやね、私ね、AppleWatchなんですよ、普段身に付けている時計って。で、以前別の試験を受験したときにAppleWatch持込み不可なのを知らなくて(ただの情報収集不足)、時計なしで受験したんですよーーーーーー\(゜ロ\)(/ロ゜)/時計なしとかあれほど怖いもんないですから、ええ、体内時計とかまじシャレにならないですから。アナログ時計は念のため持って行きましょう。ま、残り●分って、PC上に書いてあるからまだいいんですけどね…念のため、です。

 

勉強の際、古いバージョンのExcelではダメ?

極力やめましょう。
古いバージョンを使って勉強で満点取れたとしても、最新バージョンで試験を受けて落ちてしまった…なんて水の泡です。悲しすぎます。1.5万円くらいで購入できるので、PCスクールに行かない分お金が浮いたと思って購入しましょう。

 

さいごに

ここまで読んでくださりありがとうございます。
ここまでお読みいただいたという事は、MOSエキスパート試験に興味があるというコトデスネ!

不安や心配など誰しもが持っています。その不安を少しでも軽減できるよう私は記事に書いてお役に立てるよう頑張ります。他にもエキスパートレベルのExcelの問題や機能など、記事にまとめていきますので、よろしければご参考になってください。それでは!チビ(@Excelll_info)でした!

MOS Excel エキスパート記事一覧はこちら

▼それでも解決しない場合は…