【LINE】本当は教えたくない、可愛くてオシャレなデコ絵文字まとめ!

【Excel】ドロップダウンリストを選択するショートカットキー|マウスを使わずキーボードで操作し業務効率化するエクセル小技

【Excel】ドロップダウンリストを選択するショートカットキー|マウスを使わずキーボードで操作し業務効率化するエクセル小技

どうも!チビ(@Excelll_info)です。Excelでドロップダウンリスト(プルダウン)を使うとき、マウスで「▽」をクリックして、用意されたテキストを選択しますよね。1回だけの操作であればまだいいのですが、何十行もあるとマウスで選択するのは結構時間がかかってしまいます。こんなときショートカットキーを覚えていると、圧倒的に早く選択をすることができますので、ぜひ覚えてください♪
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007,Excel2013,Excel2016

ドロップダウンリスト(プルダウン)を選択するショートカットキー

  • STEP.1
    ドロップダウンリスト(プルダウン)が選択されているセルにカーソルを合わせる
    【Excel】ドロップダウンリストを選択するショートカットキー|マウスを使わずキーボードで操作し業務効率化するエクセル小技 選択するセルはひとつだけ。2つ以上のセル複数選択したり、ドロップダウンリスト(プルダウン)が設定されていないセルにカーソルを合わせても効果はありません。「カーソルを合わせる」とは、ショートカットキーを使いたい場所(セル)に緑の枠を合わせることです。
  • STEP.2
    Alt」キーと「」キーを同時押しする
    【Excel】ドロップダウンリストを選択するショートカットキー|マウスを使わずキーボードで操作し業務効率化するエクセル小技 すると、ドロップダウンリスト(プルダウン)の詳細が表示されます。入力規則で指定したテキストですね。マウスで「▽」を押しているときと同じ状態になります。ちなみにこの状態で「Alt」キーと「」キーを同時に押すと、表示されていたリストが非表示になります。
  • STEP.3
    」キーを押して項目を選択する
    【Excel】ドロップダウンリストを選択するショートカットキー|マウスを使わずキーボードで操作し業務効率化するエクセル小技Alt」キーは離します。(押しっぱなしだとリストが開閉します。)希望の項目にカーソルが合えば、あとは「Enter」キーを押して確定し完了です。最初は難しいかもしれませんが、慣れるとマウスより早く操作をすることができるので非常に楽です。ぜひためしてみてください♪

▼それでも解決しない場合は…